レジ袋有料化が2020年7月1日にスタートします

更新日:2020年10月01日

プラスチック過剰使用の抑制の必要性

 プラスチックは、成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献していますが、一方で海洋プラスチックごみ・地球温暖化などの課題があり、プラスチックの過剰使用を抑制する必要があります。

レジ袋有料化2020年7月1日にスタート

 プラスチック過剰使用抑制対策の一環として、2020年7月1日から、全国でレジ袋の有料化がスタートします。
 レジ袋の有料化をきっかけに、私たちのライフスタイルを見直しましょう。

レジ袋有料化2020年7月1日スタートレジ袋削減にご協力ください 環境問題解決の第一歩

マイバッグを持って出かけましょう

 我が国では、国民1人が、1日1枚のレジ袋等のプラスチック製買物袋を消費していると言われています。
 レジ袋と言うと、スーパーやコンビニエンスストアなどでもらう袋をイメージしますが、百貨店や衣料品店などで商品を購入したときにもらうプラスチック製の袋もこの度の有料化の対象となります。なお、レジ袋の価格については、各販売業者が決めます。
 外出の時は、常にマイバッグを持って出かけ、プラスチック使用量の削減に努めましょう。

制度概要などの詳細は下記QRコードをご覧ください。

QRコード

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部 生活環境課
〒759-2292
美祢市大嶺町東分345-1
電話番号:0837-53-1090
ファックス:0837-53-1099