地籍調査について

更新日:2020年10月01日

地籍調査の目的

土地トラブルの防止

具体的には

  1. 土地の正確な面積が把握できます。
  2. 境界紛争の未然防止に役立ちます。
  3. 土地の正確な位置がわかります。
  4. 法務局の登記簿に反映されるので、土地取引が円滑に行えます。

まちづくり計画や公共事業の円滑化

 調査成果を利用し、多様なまちづくり計画作成が可能になります。
 境界確認作業等事前調査に労力を費やすことがないため、公共事業が
円滑に進みます。

災害の復旧

 土地の形が座標値で表示されているため、災害が起きても現地の復旧
が迅速にできます。

地籍調査に係る皆様へのお願い

境界の事前確認

 調査区域内の土地所有者は、現地調査が始まるまでには、所有地の境界を一筆ごと確認しておいてください。

境界の刈り開き及び境界杭の設置

 境界において雑草木が茂っていますと境界確認不能又は測量ができません。境界杭が見通せるように刈り開きをお願いします。
 事前に境界杭をお渡ししますので、関係者立会の上、境界杭の設置
を行ってください。

一筆調査(現地調査)

 皆様の立会のもと現地にて調査します。最も重要な調査ですので皆様のご協力をお願いします。

調査費用

 国・県・市が負担します。皆様から負担していただくことはありません。

この記事に関するお問い合わせ先

建設農林部 農林課
〒759-2212
美祢市大嶺町東分341-3
電話番号:0837-52-1115
ファックス:0837-52-0387