国民健康保険の制度

更新日:2020年10月01日

国民健康保険のしくみ

 国民健康保険は、病気やけがをしたときに安心してお医者さんにかかれるよう、加入者みんなで日ごろからお金を出し合って医療に備える制度です。

国民健康保険に加入する人

職場の健康保険、後期高齢者医療制度で医療を受けている人や生活保護を受けている人を除いて、すべての人が国民健康保険に加入します。

加入は世帯ごと

国民健康保険の加入は世帯ごとで、届出や保険税の納付などは世帯主が行いますが、家族の一人ひとりが被保険者となります。

保険証の交付・更新

保険証のイラスト

 国民健康保険に加入すると、一人に1枚の保険証(国民健康保険被保険者証)が交付されます。医療機関等にかかるときに必要となりますので、大切に保管しましょう。
  また、令和元年度8月交付分から、70歳から交付されていました高齢受給者証がカード型の被保険者証と一体となります。

保険証の更新 【令和2年度に交付した被保険者証の有効期限は『令和 3年 7月31日』までです。】

有効期間

毎年 8月 1日から 7月31日までです。
令和2年度は 令和 3年 7月31日までが有効期限となっております。
 また、保険税に滞納がある方は、上記有効期限より短い期間の保険証となっていますのでご注意ください。

更新方法

7月中旬から下旬の間に簡易郵便書留により、加入者に送付します。

保険証の再交付

保険証を紛失したり、破損して使えなくなった場合は、新しい保険証を再交付します。身分が確認できるもの(運転免許証等)を持参して手続をしてください。

修学生用の保険証の交付

修学生用

 修学のために、他の市町村に住所を定めて生活する場合に交付します。「在学証明書」・「保険証」・「印鑑」を持参して手続をしてください。また、修学を確認するため、毎年度、在学証明書を添付して申請する必要があります。

退職者医療制度

 長い間、会社や役所などに勤め、厚生年金保険や共済組合、船員保険などから年金を受けている方の医療を支える制度です。退職して国民健康保険に加入した65歳未満の方とその被扶養者の方が「退職者医療制度」で医療を受けることになっていました。

 退職者医療制度は平成27年 3月末で廃止されましたが、それまでに「退職被保険者証」を交付されている人は、平成27年 4月以降も、65歳になるまでの間は退職者医療制度の対象となっていました。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部 市民課
〒759-2292
美祢市大嶺町東分326-1
電話番号:0837-52-5230
ファックス:0837-52-3154
shimin@city.mine.lg.jp