このページの本文へ移動

胃がん検診

 トップページ

概要

胃がんはなりやすいがんですが、治しやすいがんでもあります。早期に見つかれば9割以上が治ります。日本人に多いがんです。死者は肺がん・大腸がんについで3位ですが、年間5万人の人が亡くなっています。食事や生活習慣の変化で若い世代に少なくなっていますが、食塩を多く取る地域に多いなど食生活との関係が深いがんです。

検診内容

X線(バリウム)検診

バリウムを飲んでX線で胃部を撮影後、2人の医師が判定します。以前に比べてバリウムの量も少なくてすみ、受診しやすくなっています。

内視鏡検診(胃カメラ)

光ファイバーを胃内に挿入することにより、食道・胃・十二指腸に起きる炎症や出血・腫瘍などの病気を見つけだし、必要に応じて写真を撮ったり組織を採取したりします。

対象者

美祢市に住んでいる人で40歳以上の人(昭和53年4月1日以前に生まれた人)

1年に1回受診できます。

平成30年度から胃部内視鏡検査のみ50歳以上、2年に1回となります。

個別検診

市内協力医療機関 ⇒ 個別検診(医療機関)一覧表(一般がん検診用)

集団検診

美祢市保健センターなど ⇒ 集団検診日程表

費用(個人負担金) 

検診の内容 実施方法 国保・高齢 一般
胃部X線検査(バリウム) 個別 1,000円 2,000円
集団 400円 800円
胃部内視鏡検査(胃カメラ) 個別 1,500円 2,500円

※国保:美祢市国民健康保険加入者、高齢:後期高齢者医療保険加入者、一般:左記以外の保険加入者

※個別でおよそ10,000円、集団でおよそ4,000円を市が負担しています。

申込み方法・期限

平成27年度または28年度に受診された人

申込みの必要はありません。

※個別検診:4月の下旬頃までに受診票を発送します。

※集団検診:検診日の2週間前までに発送します。

申込みが必要な人

 40歳以上で初めて受診される人 特に、昭和52年4月2日から昭和53年4月1日生まれの人

 以前に申込みを行ったが、過去2年間は受診していない人

 他の検診は過去2年間で1回以上受けているが、胃がん検診は受診していない人

 検診方法(集団検診⇔個別検診など)を変更する人など

申込み方法

 がん検診申込方法 からお申し込みください。

トップページ

このページのお問い合わせ先
市民福祉部 健康増進課
電話番号:0837-53-0304
メールアドレス:kenkou@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.