このページの本文へ移動
  1. トップページ >
  2. くらしの情報 >
  3. マイナンバー制度 >
  4. マイナンバーと特定個人情報保護評価について

マイナンバーと特定個人情報保護評価について

 マイナンバー制度とは

マイナンバーは、住民票を有する全ての人に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。

マイナンバーの導入により期待される効果としては、大きく3つあげられます。

  • 市や行政機関などで、様々な情報照会などに要している時間が削減され、行政事務の効率化が図られます。
  • 各種申請の際の添付書類が削減されるなど、行政手続が簡素化され、市民の皆さんの負担が軽減されます。
  • 所得や行政サービスの受給状況などが正確に把握しやすくなり、きめ細かな支援が可能となります。

マイナンバー制度のホームページ

マイナンバー制度のよくある質問や最新情報は、国(内閣官房)のマイナンバー(社会保障・税番号)制度のホームページをご覧ください。

国のマイナンバー制度のホームページはこちらから

マイナンバーコールセンター

国(内閣官房)において、マイナンバーのコールセンターを開設されています。マイナンバーについて、ご不明な点がある人や、さらに詳しい情報を知りたい人は、お気軽にお問合せください。

電話番号 0120-95-0178 (無料)
開設時間 平日    午前9時30分から午後8時00分まで

        土日祝日 午前9時30分から午後5時30分まで(年末年始を除く)

特定個人情報保護評価

マイナンバーの導入により、各種手続が便利になる反面、制度に対する懸念(国家による個人情報の一元管理、特定個人情報の不正追跡・突合、財産その他の被害等)にどのように対応するかが課題となります。

そこで、番号制度では、行政機関等が特定個人情報ファイル(特定個人情報の集合物)をシステムにおいて保有しようとする場合、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言する仕組みを設けています。  

この仕組みのことを「特定個人情報保護評価」といい、これにより「個人のプライバシー等の権利利益の侵害の未然防止」と「国民・住民の信頼の確保」の実現を図ることとしています。
 

           
  評価書番号 事務の名称 特定個人情報保護評価書  
  1   住民基本台帳に関する事務 基礎項目評価書  
  2   個人住民税に関する事務 基礎項目評価書  
  3   固定資産税に関する事務 基礎項目評価書  
  4   軽自動車税に関する事務

基礎項目評価書

 
  5   国民健康保険税に関する事務 基礎項目評価書  
  6   公営住宅に関する事務 基礎項目評価書  
  7   国民健康保険に関する事務 基礎項目評価書  
  8   国民年金に関する事務 基礎項目評価書  
  9   児童手当の支給に関する事務 基礎項目評価書  
  10   後期高齢者医療に関する事務 基礎項目評価書  
  11   介護保険に関する事務 基礎項目評価書  
  12   自立支援給付に関する事務 基礎項目評価書  
  13   予防接種に関する事務 基礎項目評価書  
  14   母子保健に関する事務 基礎項目評価書  
  15   健康増進に関する事務 基礎項目評価書  
  16   乳幼児医療費助成に関する事務 基礎項目評価書  
  17   重度心身障害者医療費助成に関する事務 基礎項目評価書  
           
 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)
このページのお問い合わせ先
総務部 総務課 行政係
電話番号:0837-52-1110
FAX番号:0837-53-1959
メールアドレス:soumu@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.