このページの本文へ移動
  1. トップページ >
  2. くらしの情報 >
  3. 保険・年金 >
  4. 介護保険 >
  5. 認知症サポーター養成講座
  1. トップページ >
  2. くらしの情報 >
  3. 福祉 >
  4. 高齢者福祉 >
  5. 認知症支援 >
  6. 認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座

認知症になっても安心して暮らすためには、地域での見守りやちょっとした手助けが必要です。
認知症を正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守る応援者になるための「認知症サポーター養成講座」を受講してみませんか?
地域(老人クラブ・ボランティアグループなど)や職場、学校(PTAなど)の集まりに、「認知症キャラバン・メイト」を講師として派遣します。
 

roba

認知症サポーターとは?

何か特別なことをする人ではありません。
認知症を正しく理解し、地域で生活している認知症の人やその家族を温かく見守り、自分のできる範囲で支援する人のことです。
認知症サポーターを養成する取組は、全国的に展開されています。

認知症サポーター100万人キャラバンについてはこちらから
 

≪認知症サポーターの役割≫

認知症を正しく理解し、偏見をもたない。
認知症の人やその家族に対して、温かい目で見守る。
近所の認知症の人やその家族に対して、やさしく声かけをするなど、自分のできる範囲のお手伝いをする。

roba1

認知症サポーターになるには?

「認知症サポーター養成講座」を受講すると「認知症サポーター」となり、その証として「オレンジリング」をお渡しします。
講座の開催を希望される場合は、認知症サポーター養成講座申込書を市高齢福祉課または地域包括支援センターに提出してください。
講座内容や日程について、申込者との調整を行い、講師となる「認知症キャラバン・メイト」を派遣します。

orangering


対  象 おおね10人以上の参加が見込まれる地域、職場、学校等の団体
時  間 90分程度
(講座の開催時間は、午前9時から午後9時まででお願いします。)
会  場 申込みをする団体において、会場の確保をお願いします。
費  用 講師料は、無料です。
講座内容

認知症とはどういうものか
認知症の症状
認知症の人と接するときの心がまえ
認知症サポーターとしてできること       など

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)
このページのお問い合わせ先
市民福祉部 高齢福祉課 高齢福祉係
電話番号:0837-52-1132
FAX番号:0837-52-1490
メールアドレス:kourei@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.