このページの本文へ移動

別府岩戸神楽舞(べっぷいわとかぐらまい)

別府岩戸神楽舞

指定年月日:昭和61年4月8日(県指定)

所在地:別府岩戸神楽舞保存会

概要:これは11月初旬に執行される壬生神社秋季例祭の前夜祭に奉納される岩戸神楽舞である。現在は当神社の氏子の中の檜皮・流田地域によって継承されている。戦前までは、この両地区内の小字である宮田・宮の下地区の若者によって舞われていた。この舞の由来は定かでなく、記録や史料に類するものも未だ見出すことが出来ない。
 舞の曲目は、1天蓋(天蓋引き1人10分・天蓋歌4人5分神楽歌)2一番神楽(1人7分神楽歌)3二番神楽(2人13分神楽歌)4鈿女(1人7分)5花さんじ(4人25分)6荒神(2人25分)7所ならし(1人15分口上)8鉾の舞(1人15分口上)9神和(1人13分)10弓の舞(2人30分)11両剣(1人15分)12尉の舞(1人25分)13手力男命(1人25分)の13の曲目である。
 この神楽舞の曲目は、近在の神楽舞のものと比較すると、仏教色のある曲目が排除されている点に特色があるといえる。「日本書紀」冒頭の「神代の巻」の一部を口上に引用する曲目等は口上と共に他と共通しているものもある。衣装は黄色の狩衣を用いており、また舞のテンポは速く洗練され他に類のない形式を保っている。明治初期からの継承は歴然としていて、昭和の戦中戦後の激動の時代にも中絶することなく舞い続けられている。
 地元の美祢市立別府小学校では児童が郷土学習として取り組んでいる。
 

このページのお問い合わせ先
教育委員会事務局 文化財保護課
電話番号:0837-62-1921
FAX番号:0837-62-0329
メールアドレス:bunkazai@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.