このページの本文へ移動

山神社の洪鐘(さんじんしゃのこうしょう)

山神社の洪鐘

指定年月日:昭和54年3月31日(市指定)

所在地:美祢市美東町長登

概要:総高96.3センチ、鐘身高71.3センチ、口径55.7センチの小型で、簡素だが、文様が整然としていて美しい鐘である。銘文によれば、長登大切銅山の坑内に泉が湧き採銅が困難となったが、寛文11年(1672)の夏、泉が乾き採銅が容易になったので、洪鐘を新鋳して山神に奉納したと記されている。鐘は、寛文12年に萩の治工郡司藤原信安によって作られたもので、信安は出雲大社の銅造大鳥居の作者でもある。

このページのお問い合わせ先
教育委員会事務局 文化財保護課
電話番号:0837-62-1921
FAX番号:0837-62-0329
メールアドレス:bunkazai@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.