このページの本文へ移動
  1. トップページ >
  2. くらしの情報 >
  3. 学校・教育 >
  4. 文化財保護課 >
  5. 文化財一覧 >
  6. 木造十一面観音菩薩坐像、木像毘沙門天立像、木造不動明王立像

木造十一面観音菩薩坐像、木像毘沙門天立像、木造不動明王立像(もくぞうじゅういちめんかんのんぼさつざぞう、もくぞうびしゃもんてんりゅうぞう、もくぞうふどうみょうおうりゅうぞう)

木造十一面観音菩薩坐像

(注:写真は木造十一面観音菩薩坐像)

指定年月日:昭和53年3月22日(市指定)

所在地:美祢市美東町綾木

概要:美東町綾木の万福寺は、現在は浄土真宗であるが、古くは禅寺で十一面観音坐像は、その頃の本尊と思われる。本堂の右側の観音堂に安置されている。像高55.1センチメートルの小坐像である。桧材の一木造りで、頭、体部(右腕の上膊部までを含め)を堅一材に彫り出し、横一材で膝前を彫り、下腹部に押し込むようにして柄2本で接ぎつけている。体部は背後襟下から地付までを割り、内刳りして脊板を当て、膝前も底からわずかに刳りを施している。宝髻上の仏面及び天冠台上を巡って一列に並ぶ10面の菩薩(内左側一面は欠失)は竹柄で地髪に植え付けている。当初は像全体に彩色されていたと思われ、ところどころに白土下地が残っている。
 毘沙門天像は、十一面観音坐像の左脇侍である。像高74.4センチメートル。頭上に宝髻を結び、天冠台を付ける。桧材の一木造りで、頭・体部とも足柄までを含めて堅一材に彫り出し、内刳りは施さない。両手は肩で別材を接ぎつけ、左手は更に手首から先を接ぎつけている。彩色は本体、邪鬼ともに後補。背面の裳の下に墨書銘があり、「享徳二天」とある。造顕年月が明らかであり、防長における中世彫刻の基礎資料として重要である。
 不動明王立像は、十一面観音菩薩の右脇侍である。像高71.0センチメートル、巻髪上に莎髻を置く。前面額上には金線冠をあらわす。桧材の一木造りで、頭、体部とも足柄までを堅一材の彫り出し、内刳りを施さない。両腕は肩で接ぎ、左手は更に臂から先を接ぎつける。両足先(左足先欠失)も接ぎつける。台座は桑の輪切りで後補。彩色も後補。素朴な彫刻法で、毘沙門天像と同時に造顕されたものと思われる。

このページのお問い合わせ先
教育委員会事務局 文化財保護課
電話番号:0837-62-1921
FAX番号:0837-62-0329
メールアドレス:bunkazai@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.