このページの本文へ移動

妙覚寺梵鐘(みょうかくじぼんしょう)

妙覚寺梵鐘

指定年月日:昭和61年4月15日(市指定)

所在地:美祢市秋芳町嘉万

概要:秋芳町嘉万井手口の妙覚寺梵鐘は、萩の鋳物師郡司藤原信政の作で、高さ113.5センチメートル、鐘身85.1センチメートル、口経64.0センチメートルのバランスのとれた美しい姿である。製作年は梵鐘に記されていない為、明らかではないが、西暦1700年代、宝暦から安永の時期にかけての江戸時代中期に製作されたものと推測される。また、信政の作品の中でも装飾に優れ、特に本鐘の下帯には、鐘身を一周して逆巻く波溝の間に隠顕する2匹の龍が陽鋳されており、その斬新かつ意欲的な意匠は工芸品としての価値も高い。

このページのお問い合わせ先
教育委員会事務局 文化財保護課
電話番号:0837-62-1921
FAX番号:0837-62-0329
メールアドレス:bunkazai@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.