このページの本文へ移動

大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう)

大日如来坐像

指定年月日:昭和58年3月9日(市指定)

所在地:美祢市秋芳町嘉万

概要:嘉万二末の大日堂の御本尊として祀られている。平安時代中期の作で、江戸時代中期に修復されている。仏像の大きさは、等身大で、頭部と胴部は桧の一木造り、像全体は金箔の彩色が施してある。台座、光背には補修の跡があり、台座裏に「延享元年(1744年)7月吉日、津村甚之承兼規」と墨書してある。
 平安時代の律令制下、嘉万大領田に公田が置かれ、真言宗孝養寺があったと伝えられている。この寺の本尊が大日如来像であったとされており、同寺が廃寺となった際、大日堂に移されたものと思われる。

 

このページのお問い合わせ先
教育委員会事務局 文化財保護課
電話番号:0837-62-1921
FAX番号:0837-62-0329
メールアドレス:bunkazai@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.