このページの本文へ移動

真長田八幡宮の能面(まながたはちまんぐうののうめん)

真長田八幡宮の能面



指定年月日:平成15年1月29日(市指定)

所在地:美祢市美東町真名

概要:能面は4面あり、松材の面箱に納められている。この箱は縦24.1センチメートル、横18.4センチメートル、高さ22.9センチメートルである。箱書には「宝永乙酉竜集弐林鐘吉祥為長陽美祢郡長田村八幡宮宝物之面四ツ、内文選壱、口宣壱、五郎壱、姫宮壱、願主毛利蔵主大江就直公」とあり、宝永2年(1705年)に長田村の領主吉敷毛利就直が願主となり、長田八幡宮の宝物として奉納されたことがわかる。いずれの面も桧材で白土下地に漆をかけ、その上にそれぞれ彩色を施している。口宣と五郎は吊顎になっている。地方の作であるが、製作年が明らかであり、作柄も丁寧で、民間面として貴重である。『防長風土注進案』の「長田八幡宮」の項に「祭日9月18日19日、祭式之次第18日19日両日之間神楽舞」とあり、この面が使用されたと思われ、最近まで神楽舞に使用されていた。

 

高さ
文選 20.5 13.2 7.4
口宣 20.0 15.5 9.2
五郎 19.7 14.6 9.0
姫宮 20.2 13.3 6.0

 

このページのお問い合わせ先
教育委員会事務局 文化財保護課
電話番号:0837-62-1921
FAX番号:0837-62-0329
メールアドレス:bunkazai@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.