このページの本文へ移動

法香院の板碑(ほうこういんのいたび)

法香院の板碑

指定年月日:平成9年7月14日(市指定)

所在地:美祢市美東町絵堂

概要:この板碑は、豊臣秀吉の朝鮮の役(文禄元年(1592年)~慶長3年(1597年)に出兵した毛利輝元が、朝鮮から連れてきた僧尼の供養塔と伝えられている。総高183センチメートル。板碑の正面上部中央には、阿弥陀仏如来を示す「キリーク」が刻印され、その下に「妙善、追善、閑誉妙林禅定尼、慶長五年(1600年)六月二十七日」と刻まれているが、制作者は不明である。
 元来、この板碑は、銭屋にあった法然寺に建立されていたものと推定されるが、寺の焼失により、寛文5年(1665年)、寺の再建に伴って現在の地に移されたものとみられる。

 

このページのお問い合わせ先
教育委員会事務局 文化財保護課
電話番号:0837-62-1921
FAX番号:0837-62-0329
メールアドレス:bunkazai@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.