このページの本文へ移動

文久の石灯籠(ぶんきゅうのいしどうろう)

文久の石灯籠

指定年月日:昭和58年12月23日(市指定)

所在地:美祢市秋芳町秋吉 秋吉八幡宮

概要:現在は秋吉八幡宮参道石段の右手前、鳥居の前にある。文久元年(1861年)、萩の石工中村熊蔵重幸が制作したものである。総高4.5メートル、基壇は四角形で、割り石を丁寧に組み上げた上部に入母屋の屋根を張り出させた灯籠を置いている。横から見た姿に独特の美しさがある。
 創設当時は、秋吉八幡宮の御旅所の下宿にあり、秋吉宿の常夜灯の役割を果たし、通行人に親しまれていた。昭和43年に道路拡張に伴い、現在地に移築された。

 

このページのお問い合わせ先
教育委員会事務局 文化財保護課
電話番号:0837-62-1921
FAX番号:0837-62-0329
メールアドレス:bunkazai@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.