このページの本文へ移動

日永の懺法講板稗(ひながのせんぼうこういたび)

日永の懺法講板稗

指定年月日:昭和62年4月24日(市指定)

所在地:美祢市大嶺町東分

概要:砂岩の自然石懺法講板碑で、以前は厚狭川の淵にあったが、近年川を改修するにあたり、近くの厳島神社の境内に移された。「永正十三天(永正13年 1516年)懺法講結衆等丙子二月十八日」の銘刻があり、懺法の講連中が建立したものである。懺法とは、仏教を勧請し、身の所造の罪を懺悔し、以て現世未来の利益を受けようとする法である。懺法には、観音・法華・阿弥陀・吉祥の四悔がある。この碑は「観音」の梵字があるので、禅宗で行う観音懺法である。

 

このページのお問い合わせ先
教育委員会事務局 文化財保護課
電話番号:0837-62-1921
FAX番号:0837-62-0329
メールアドレス:bunkazai@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.