このページの本文へ移動

明楽寺のイチョウ(みょうらくじのいちょう)

明楽寺のイチョウ

指定年月日:昭和62年12月1日(市指定)

所在地:美祢市美東町大田長登

概要:イチョウは、イチョウ科イチョウ属の落葉高木。高さ15~30メートル、直径4メートルに達する。日本・朝鮮半島・中国に分布し、日本原産説と中国原産説がある。古生代末期に現れ、中生代三畳紀に盛んになり、中生代ジュラ紀に全盛であった。雌雄異株。花は4月に咲き、雌雄花ともに短枝上若葉の間に生じ、10月に結実する。
 この木は、樹高23メートル、目通り幹囲4.5メートルの雌株。樹形の特徴として、地上7~8メートルのところで枝が箒状に分かれて直上している。また、枝の各所に長さ30センチメートルくらいの乳房状のものが垂れ下がっており、古い木の特徴を示している。樹勢は旺盛で、毎年秋には多くのギンナンを結実させている。この木は県下でも有数の大きさである。

 

このページのお問い合わせ先
教育委員会事務局 文化財保護課
電話番号:0837-62-1921
FAX番号:0837-62-0329
メールアドレス:bunkazai@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.