このページの本文へ移動
  1. トップページ >
  2. くらしの情報 >
  3. 保険・年金 >
  4. 国民健康保険 >
  5. 国民健康保険税について

国民健康保険税について

  納付義務者は世帯主

・ 保険税は国民健康保険の加入者が属する世帯の世帯主が納める(納付義務者)こととなっております。
・ 世帯主が国民健康保険以外の健康保険に加入されている場合でも、同一世帯に国民健康保険加入者がいらっしゃれば、世帯主が納付義務者となります。

 保険税の算定方法

  国民健康保険税は以下の構成で設定されております。

(1)医療給付分(被保険者全員)
・ 医療費や保健事業に充てるための課税額です。

(2)後期高齢者支援金分(被保険者全員)
・ 後期高齢者医療制度における医療費の約4割を現役世代が支援するもので、後期高齢者医療制度以外の健康保険の加入者に負担していただきます。

(3)介護納付金分(40歳から64歳までの被保険者)
・ 介護保険第2号被保険者(40歳から64歳までの方)がいらっしゃる世帯については、「介護納付金分」を負担していただきます。

 こちらの課税額は、以下に按分されます。(美祢市は「4方式」です)

(ア)所得割
・ 加入者の所得(前年の総所得金額より33万円を引いた額)に応じて計算します。

(イ)資産割
・ 加入者の資産(固定資産税)に応じて計算します。

(ウ)均等割
・ 加入者の人数に応じて計算します。

(エ)平等割
・ 加入される世帯に計算されます。(1世帯単位で賦課されるため定額となります)

区 分 医療給付分
(被保険者全員)
後期高齢者支援金分
(被保険者全員)
介護納付金分
(40歳~64歳の被保険者)
所 得 割

基準総所得額
× 8.0%

基準総所得額
× 2.6%
基準総所得額
× 2.8%
資 産 割 固定資産額
× 20.4%
固定資産額
× 6.4%
固定資産額
× 7.2%

均 等 割

被保険者数
× 25,400円
被保険者数
× 8,000円
被保険者数
× 9,000円
平 等 割 1世帯あたり
28,000円
1世帯あたり
8,800円
1世帯あたり
8,000円
(賦課限度額) 540,000円 190,000円 160,000円

 ※賦課限度額について、平成28年4月1日より医療給付分が52万円から54万円に、後期高齢者支援金分が17万円から19万円に引き上げられました。

   保険税の軽減制度

 均等割と平等割については、世帯主及び被保険者の合計所得金額が一定の基準額以下の場合、減額される場合があります。

(1)7割軽減世帯
・ 世帯主及び被保険者の合計所得金額が33万円以下の場合 

(2)5割軽減世帯
・ 世帯主及び被保険者の合計所得金額が33万円に被保険者一人につき27万円を加算した額を超えない場合

(3)2割軽減世帯
・ 世帯主及び被保険者の合計所得金額が33万円に被保険者一人につき49万円を加算した額を超えない場合

※ この軽減を受けるためには、所得の申告が前提となりますので、所得の申告が漏れないようご注意ください。(世帯主及び前年度の1月1日時点で18歳以上の国民健康保険加入者については所得の申告が必要となります。他市にて住民税が課税されている方についてはご連絡ください。)
 

 後期高齢者医療制度の創設により、同一世帯でありながら加入する健康保険が国民健康保険と後期高齢者医療とに分かれた場合に、国民健康保険税が急激に増加することのないように以下の軽減を受けることができます。

(1)国民健康保険から後期高齢者医療制度へ移行した方(特定同一世帯者)も移行後の5年間は、均等割・平等割の軽減判定を行う際に国民健康保険加入者とみなします。
(2)同一世帯内の国民健康保険被保険者が後期高齢者医療制度に移行するに伴い、残った国民健康保険被保険者が一人になる場合、医療給付分と後期高齢者医療支援金分に限り平等割が移行後の5年間は半額となり、その後3年間は4分の1減額となります。(介護納付金分を除く)

※ ただし、特定同一世帯所属者の転出や世帯主変更などがあった場合は、再計算をします。
※ 対象世帯については軽減を自動計算にて行いますので、申請は不要です。

 保険税の確定時期

・ 国民健康保険税の「所得割」については、加入者の前年中総所得金額等より算出するため、年間保険税が確定し国民健康保険税納付義務者(世帯主)宛に通知できるのが毎年7月中旬となります。
・ 年度の途中で加入者の資格取得・喪失、所得・資産の変更、世帯主変更などにより保険税が変更となった場合は、その都度保険税の変更の通知をさせていただきます。(保険税変更の処理を毎月1回実施します) 

 保険税の納付方法

  国民健康保険税を納付するには、以下の方法があります。

(1)普通徴収(納付書)
・ 納付書により窓口で納付する方法。納付窓口は以下のとおりです。

【納付場所】

● 山口県信用農業協同組合連合会(本所及び各支所)
● 山口銀行(本店及び各支店)
● 西京銀行(本店及び各支店)
● 西中国信用金庫(本店及び各支店)
● 中国労働金庫(本店及び各支店)
● 山口美祢農業協同組合(美祢市内の各支所)
● 北九州銀行(本店及び各支店)
● ゆうちょ銀行(郵便局) ※ 中国5県内のゆうちょ銀行及び各郵便局

● 美祢市役所 ・ 各総合支所 ・ 各出張所

※ 中国5県以外の都道府県にて納付を希望される方については、全国のゆうちょ銀行(郵便局)にてご利用いただける「郵便振替」を発行いたします。


(2)普通徴収(口座振替)
・ 金融機関及びゆうちょ銀行(郵便局)の預貯金口座より口座振替(自動引き落とし)で納付する方法。  

(3)特別徴収
・ 年金から保険税を徴収する方法。

 口座振替の手続き

 保険税の納付について納付書から口座振替に変更を希望の方は、以下のものをご持参の上、取扱金融機関の窓口にてお手続きください。

【手続きに必要なもの】

● 指定口座の預金通帳
● 指定口座の届出の印鑑
● 納入通知書または納付書

※ 口座振替に係る依頼書類は美祢市内の取扱金融機関窓口にあります。
※ 書類上で「納付義務者」の記入欄がありますが、世帯主の名前を記入してください。他の方の名前が入ると口座振替ができなくなりますのでご注意ください。

 【取扱金融機関】

● 山口県信用農業協同組合連合会
● 山口銀行
● 西京銀行
● 西中国信用金庫
● 中国労働金庫
● 山口美祢農業協同組合
● 北九州銀行
● ゆうちょ銀行(郵便局)

※ 口座振替の手続きをされた後に保険税の振替が開始できるようになるまでに概ね3週間から1ヶ月程度かかります。
※ 当該年度の1期から9期(7月から翌年3月納付)にて口座振替ができます。随時1期(4月納付)や過年1~12期(昨年度以前の保険税の追加徴収分)については口座振替ができないためご注意ください。(口座振替は各納期限の日に振替を行います)
※ 口座振替の手続きにて「全納」を希望された方については、1期の振替の際に年間の保険税を振替を行います。全納により納付をされても年間の保険税額は変わりません。
※ 残高不足等で振替ができなかった場合の再振替は実施しておりません。該当する保険税の納付書を作成しますので、窓口にて納付をお願いします。

 特別徴収について

 以下の全てに該当する場合、世帯主が受給している年金より保険税を徴収させていただきます。

(1)世帯主が国民健康保険の被保険者である。
(2)同一世帯の国民健康保険の被保険者全員が65歳から74歳である。
(3)既に介護保険料が特別徴収されており年金の受給額が年間18万円以上である。
(4)国民健康保険税と介護保険料の合計が年金受給額の1/2未満である。

※ 複数の年金を受給している方については、介護保険料が引き落とされている年金より特別徴収されます。
※ 年度の途中に保険税が減額で変更となったり、同一世帯の被保険者で64歳未満の方が資格取得されたり、世帯主の資格喪失や世帯主変更等があると、特別徴収が中止され普通徴収(納付書・口座振替)に切り替わります。
※ 世帯主が当該年度中に75歳になられる場合は、その年度は特別徴収ができません。
※ 特別徴収・普通徴収は納付方法が異なるだけで保険税の年額は変わりません。普通徴収は保険税を9回に分けて納付するのに対し特別徴収は6回に分けて納付するため、1回あたりの納付額は特別徴収の方が若干高めになります。
※ 4月・6月・8月に徴収される保険税額は前年度2月に徴収する保険税額と同額になります。それは、年間保険税が決定する前に暫定的に納付を受けているもの(仮徴収)で、年間の保険税額が確定した後に、その差額を10月・12月・2月で調整することになります。そのため、前半部分(4~8月分)と後半部分(10~2月)で保険税の金額に開きが出る場合があります。

【納付方法の変更】

 現在、特別徴収となっている方で、普通徴収(口座振替)に納付方法の変更を希望される場合は、美祢市役所市民課・各総合支所総合窓口課にて手続きをしてください。

(1)金融機関にて口座振替の手続きをする
(2)「国民健康保険税納付方法変更申出書」を提出する
(申出書の様式は当ページからダウンロードできます)

※ 過去に保険税の滞納がある方は、納付方法の変更ができません。
※ 口座振替に変更された後に、口座振替不能となったことにより滞納の状態が続くと、年金からの特別徴収に納付方法が戻る場合があります。
※ 手続をされて納付方法が変更されるまで数ヶ月かかる場合があります。

 保険税は社会保険料控除の対象

 納付された保険税額は、確定申告の際に社会保険料控除の対象になります。証明として使用できる納付済確認書を送付します。

【普通徴収】
・ 1月中旬頃に納付済確認書を美祢市役所市民課より交付します。

※ 納付済確認書は「納付義務者」の名前で作成します。

【特別徴収】
・ 特別徴収として納付いただいた保険税額については、各年金保険者から証明が交付されます。

※ 非課税年金(障害基礎年金や遺族年金など)から特別徴収されている方に対しては、証明が交付されません。
※ 年金保険者から交付された証明を紛失された際に、美祢市役所で証明の再交付はできませんのでご注意ください。

 保険税の滞納について

  保険税を滞納すると以下のような措置が取られることがあります。

(1)督促手数料・延滞金の徴収

督促手数料 : 納期限を経過し、概ね20日以内に督促状を発送します。納付漏れとなった保険税に加えて督促手数料として100円徴収します。
延 滞 金   : 納期内納付者との公平性を保つため、地方税法に基づき、納期限の翌日から納付の日までの期間の日数に応じて延滞金が加算されます。

(2)短期被保険者証の交付

・ 年度内に保険税が完納とならない場合、有効期限が通常(1年間)より短い国民健康保険短期被保険者証が交付されます。

※ 保険税の納付・納付相談・納付誓約等がなければ、短期証の更新ができません。
※ 高校生世代以下の短期証については厚生労働省より6ヶ月以上の有効期間で更新するように依頼を受けております。そのため、一般的には世帯単位で保険証を交付しますが、高校生世代以下の被保険者がいる世帯で昨年度以前の保険税に滞納がある場合は、大人の短期証と分けて交付することになります。

(3)資格証明書の交付

・ 納期限から1年以上経過して、特別な事情がないのに保険税の納付がない場合は、保険証を返還させ「国民健康保険資格者証」を交付します。

※ 資格者証は「国民健康保険の資格がある証明」ですが、「被保険者証」ではありません。医療機関にて受診等をされる場合は、医療費は全額自己負担になります。(後日申請により自己負担分の差額が払い戻されますが、滞納となっている保険税に充当される場合があります)

(4)国民健康保険給付の差し止め

・ 納期限から1年6ヶ月を経過すると、国民健康保険の給付が全部または一部が差し止められます。それでもなお保険税を納めないでいると、差し止められた療養費から滞納分の保険税に充当されます。
・ 40歳から64歳までの被保険者(介護保険第2号被保険者)の滞納者については介護保険の給付においても制限を受けます。

(5)滞納処分

・ 上記滞納措置のほか、法律に基づき預貯金・給与・生命保険など、財産の差し押さえ等による滞納処分を行います。

※ これらの措置が取られても、その間の国民健康保険税の納付義務はなくなりません。

 

【納付相談の実施】 

・ 保険税の納付が困難な場合は、美祢市役所市民課・各総合支所総合窓口課の窓口にて納付相談を受け付けますので、早めにご相談ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)
このページのお問い合わせ先
市民福祉部 市民課 保険年金係
電話番号:0837-52-5231
FAX番号:0837-52-3154
メールアドレス:shimin@city.mine.lg.jp
美祢市役所 〒759-2292 山口県美祢市大嶺町東分326-1
TEL 0837-52-1110 FAX 0837-53-1959 E-Mail hisho@city.mine.lg.jp

 

Copyright© 2014 mine City. All Rights Reserved.